仕事と家庭の両立

子育て中フリーランス翻訳者 長期休暇の仕事の仕方

春休みが終わり、今週から幼稚園が始まりました。まだ午前保育ですが、たった1人になって仕事ができる時間が3時間ほどあるというのは、とても大きいです。

今月は保護者会や役員会がある上に、子どもたちも新しいクラスでなんだかソワソワしていますので、完全に落ち着くのはGWが明けてからかな、と思っています。

春休み中は、とにかく夜中に仕事をしていました。結果、当然ですが睡眠不足になり、体調を崩しました。39度の熱を出して寝込んだ日が1日、疲れすぎてキッチンで脱力、そのまま倒れてしまった日が1日(この日は、たまたま携帯を忘れた夫が引き返してきて、キッチンで倒れている私を見て狼狽……そりゃそうですよね)。

昼間はまだまだ「ママ遊んで~」な子どもたちなので、長期休暇の仕事量は本当に気を付けないといけないと痛感しました。落ち着いて仕事ができないと、クオリティにも影響する可能性がありますし……。

子育てをしながら仕事をするためには、家族の(特に夫の)協力が必要不可欠です。でも現実は、家事育児の殆どを担いながら仕事をしているママさんが大多数だと思います。

体調を崩すことなく、家族に遠慮することなく、うまく夫の協力を得ながら働き続けるには……ということを、最近よく考えています。その模索過程についても書いて行けたらと思っています。

幼稚園の役員ですが、今年はもうやらないつもりでした。昨年はPTA役員(基本的に持ち上がり)で、一旦は「辞めます」と言ったのですが、どうしても代わりが見つからないと連絡がありました。さらに子どもたちに「ママ、役員辞めたら幼稚園に来なくなるでしょ。だから役員やれー!」と言われたのが決め手でした(笑)子どもって、親が幼稚園に来てくれると嬉しいみたいですね。

関連記事

  1. 仕事と家庭の両立

    あー夏休み

    子どもたちの幼稚園が夏休みに入りました。今年は9月1日が土曜日ですので…

アーカイブ

PAGE TOP