仕事と家庭の両立

あー夏休み

子どもたちの幼稚園が夏休みに入りました。今年は9月1日が土曜日ですので、新学期は9月3日から。51日間もの夏休み、いったいどう過ごしたら……と悩むワーキングマザーは多いと思います。

私も、普段は子どもたちが幼稚園に行っている時間(8時~14時)に集中して仕事をするのですが、夏休みの間はそうもいきません。そうなると、使える時間は早朝(3時~7時)または深夜(21時~1時くらい)しかありません。あとは、近居の母にちょっと見ていてもらったり、休日に夫に子どもを任せるか……。

ですので、8月は思い切って仕事量を減らすことにしました。仕事に割ける時間が通常の6~7割くらいなので、仕事もそのくらいに抑えなくてはパンクしてしまいますから……。特に私は夏が苦手なので、無理だけはしないように、と思っています。是非翻訳したい!と思うお仕事は多々あるのですが、そこは涙を飲んで……。

うちの子どもが通う幼稚園は、夏期預かりがありません。でも、年長にもなれば働きに出ているお母さんも増えてきます。だいたいの方は、近くの実家に預けたり、長期休暇は出られないという条件で働いていたり、友達同士で預け合ったりしているようです。私も、親子ともども仲良しのおうちと話をして、時々預け合おうということになっています。子どもたちもお友達と遊べて喜ぶし、親も安心して仕事に行けます。

今考えているのは、朝型生活です。早朝(3時~7時)に仕事をし、午前中は庭でプール遊びなどをし、お昼を食べてお昼寝(これがポイント!)、午後は暑いので室内で遊んだり、習い事に行ったりします。この間にも仕事を進められたらと思います。その後、少し気温が下がったら買い物……という風にできたら理想的。お昼寝をしないと、たぶん午後に車を運転する際に激しい睡魔に襲われて危険ですので……。夜は子どもたちと一緒に21時頃寝てしまおうと思います。

共働きとなると、お母さんの方に負担が多めにかかってしまうのが現状。残念なことですが、文句を言っていても始まりません。できる工夫をできるだけして、少しずつ改善しながらやっていくしかありませんね。

関連記事

  1. 仕事と家庭の両立

    子育て中フリーランス翻訳者 長期休暇の仕事の仕方

    春休みが終わり、今週から幼稚園が始まりました。まだ午前保育ですが、たっ…

アーカイブ

PAGE TOP